Kusunokimasashige

投資方針

相対的に価値の過小評価されている株式を取得して、潜在的な価値を実現するための働きかけを、少数株主の立場から、取締役や経営陣に対して行う、「アクティビスト戦略」と呼ばれる投資戦略を採用します。

経営陣や取締役と友好的な関係のもとに対話を行うことを基本としますが、場合によっては法廷闘争等を行うことがあります。

日本でも、第2次安倍政権になってから、「コーポレートガバナンス・コード」「スチュワートシップ・コード」「伊藤レポート」の3本の矢が、資本市場政策の一環として、はなたれました。

特に伊藤レポートは、「上場企業が目指すROEは、最低8%」と数値目標がはじめて政府から示されたもので、その長期的な影響は大きいとされています。

我が国には、キャッシュを生む優良事業や、価値のある経営資源を持っているにもかかわらず、市場株価が過小に評価されている上場企業の株式が、まだまだ多くあります。これら投資先の株式価値を株価に対して顕在化させることを、基本戦略とします。


弊社を通じた投資をご希望の場合、以下の手順となります。

Step 1 お問い合わせフォームより問い合わせ。
Step 2 弊社担当者よりご連絡・ご説明。
Step 3 投資に係る各種書面の交付、申込書、契約書、登記簿謄本・身分証明書の提出
Step 4 契約完了、所定の期日までに投資資金のお振込みをお願いします。
Step 5 運用の開始。

お問い合わせフォームは こちら

当投資は、投資元本が保証されているものではなく、また流動性が相対的に低い投資対象への投資が行われることもあり、運用状況や市況の変化などに伴い、投資元本を割り込むことがあります。

当投資には、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスク、為替変動リスク、カントリーリスクなどの複数のリスクがあります。特に、いくつかの投資対象に対して、集中的な投資を行うことで高いリターンを狙う戦略を採用するため、各種のリスクが大きくなる傾向にあります。